2019年11月08日

ユタ州実装


191108a.jpg

 今日はPCのトラックゲーム「American Truck Simulator」のお話。本日、DLCの追加マップ「ユタ州」が発売されました。もちろん速攻で買って拡張完了。


191108b.jpg

 ヨーロッパを舞台にした「ETS2」にはまだまだ遠く及ばないものの、ATSもだいぶ広くなってきましたね〜。マップが広くなったことで走破率は10%ほど下がって73%に。実績を解除しつつ各都市を回らねばです。


191108c.jpg

 新しく追加されたマップは周辺地域と同じく、都市と都市を繋ぐ道は荒涼とした感じが続きます。もっとも、こういう景色も好きだからATSを遊んでるのですが。アメリカの広大さを感じられます。


191108i.jpg

 首振りで左右確認をする機会も少ないのでバンパー視点で開放的に走れるのも良いところ。(この視点だと視線を自由に操作出来ないので交差点や合流地点には不向き)


191108h.jpg

 ちなみに日本のような雰囲気の道を走りたい人にはETS2のほうがオススメですね。都市間を高速道路で繋いでるのでジャンクションや料金所、パーキングエリアなどが多数設置されています。自分も気分転換にたまに走ってます。


191108d.jpg

 ユタ州の州都、ソルトレイクシティに行ってみました。実際に行ったことがあるわけじゃないけど、なんとなくイメージと違う…。背後の山のせいかな。もう少し山脈感があったほうがそれっぽい気がします。たぶんそう思うのは「TheCrew」の影響。(笑 でも実際の写真と見比べてもやっぱり山が迫力不足に感じます。


191108e.jpg

 ユタ州実装に先んじて11月5日に大型アップデート1.36も配信されました。今まで文字でしか確認できなかった社員の仕事っぷりをマップで確認できるようになったのは良いですね!結構長距離走ってたんだねぇ。エライエライ。自分も先日、実績解除の配送の都合で超長距離の3500kmに挑んでました。マップの右下から左上まで…。無事届けたときの達成感はひとしおです。


191108g.jpg

191108j.jpg

 他にもアンチエイリアスと電線の改善というものがありました。SSを撮るのが好きなのでこれはありがたい!と思ったけど、綺麗に撮れるときもあれば相変わらずガタガタに写るときも。一部まだ古いまま?でも綺麗に写る電線が増えたのは素直に嬉しい。


191108f.jpg

 無事マップも拡張されたので今後も広大なアメリカで気ままに運送業を楽しんでいきたいと思います。





 運送業と言えばPS4の「デスストランディング」も本日発売ですね。アメリカ大陸を荷運びしながら徒歩で横断するゲーム…という説明はさすがに大雑把過ぎますが、荷運びが病み付きになるらしいのでちょっと気になってます。あとオープンワールドのゲームは快適に遊べるよう地形を気にせず移動できる仕様のものが増えてますが(それはそれで楽しいけど、アサクリとかジャスコとか)、このゲームは真逆で常に地形との戦いみたいな仕様が新鮮で面白そう。ユタ州が一段落したら遊んでみるかな。


posted by 雄一郎 at 14:29| ゲーム日記